Udemy 新コース: 作って学ぶPower BI!

Microsoft Copilot Studio をPower Apps のコントロールとして挿入する

Copilot Studio で作成したCopilot をPower Apps キャンバスアプリ及びモデル駆動型アプリのカスタムページに挿入することが出来ます。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/power-apps/maker/canvas-apps/add-ai-chatbot

参考情報

Copilot Studio を試してみたいという方はこちらから手順をご確認ください。

チャットボット コントロールをキャンバス アプリに追加する – Power Apps | Microsoft Learn

前提条件

  • チャットボット コントロールを追加するには、Copilot Studio でCopilot を作成して公開する必要があります。
  • 接続するCopilot を選択すると、チャットボット コントロールのリストにすべての Copilot (公開済みおよび未公開) が表示されます。 ただし、コントロールに追加できるのは公開されたボットのみです。 未公開のボットはグレー表示されます。
  • Power Platform 管理センターにて、Copilot を有効にすることが必要です。

追加手順

事前にCopilot を作成しておく必要があります。

チャットボットコントロールを挿入します。

チャットボットコントロールが表示されない場合

コントロールが表示されない場合、以下のコードを利用してください。設定方法は私のGitHubで詳細を紹介しています。

- Chatbot1:
    Control: Chatbot
    Properties:
      EnvironmentId: =""
      SchemaName: =""
      AlignInContainer: =AlignInContainer.Center
      FillPortions: =1
      Width: =Parent.Width
      Height: =Parent.Width

geekfujiwara/CopilotStudioinPowerAppsControl: Copilot Studio で作成したチャットボットをPower Apps のコントロールとして埋め込むアプリです。レスポンシブデザインに対応しています。 (github.com)

設定方法

Copilot を選択します。

この時選択したCopilot のセキュリティがTeamsまたはPower Apps だった場合、ユーザーはシングルサインオン(SSO)することが出来ます。

自由に拡大することが出来ます。

テスト

テストしてみます。

ブール値を問うような選択肢についても表示されています。

CSAT評価の送信についてもちゃんと表示されます。

表示されない場合

問題なく動作しました。以上、ご参考になれば幸いです。

5 COMMENTS

ごむ

「チャットボット(プレビュー)」のコントロールが挿入のメニューに出てこないのですが、何か条件がありますでしょうか。
米国環境でも試しましたが同様でした。

ごむ

はい、Power Platform管理センターにおいて、Power AppsのCopilotはONの設定になっています。Copilotフィードバック、Copilotデータ収集、という項目もありますが、これらもONです。
環境ごとの設定でも「キャンバスエディターでCopilot回答コンポーネントを挿入することが可能になるため、事前定義されたデータクエリに対し、AIを活用した回答を受信できます。」の項目がONです。
メニューの表示位置が違うのかと思い「チャットボット」で検索しましたが、やはり表示されません。ちなみに「Copilot」で検索しても同様です。

なお、MS Learnでは、コントロールが「チャットボット」と「Copilot」の2種あるように書いてありますが、チャットボット=クラシックボットでしょうか。メニューは2つあるのかと思いますが、この記事の画面ショット上ではメニューが1つしかないため、統合されたのでしょうか。

ごむ

ありがとうございます!キャンバスアプリにチャットボットを埋め込むことができました!
しかし、この方法の場合は、参照先がSharePointサイトでもAzureのアプリ登録やらシークレットIDやらを取得し、ログイン操作もしなくてもよいのはどういう理屈なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Index