Udemy 新コース: 作って学ぶPower BI!

【早見表で分かる】Power Automate ライセンスまとめ | クラウドフロー & デスクトップフロー RPA

どうもギークです。

今回はPower Automate のライセンスについてご説明致します。

そもそもPower Automate は、マイクロソフトのタスクや処理をバックエンドで自動化を行うサービスです。

クラウド上で処理を自動化するクラウドフローと、デスクトップ上の処理を自動化するRPAの機能 デスクトップフローがあります。

様々なライセンス提供形式が用意されており、やはり個人的に文章よりも一番わかり易いと思っている、表形式でご説明を進めさせていただきます。

更新履歴
日付変更内容
2024/06/14Hosted Process ライセンスの追加。
2023/11/23Power Automate Process ライセンスをスタンドアロンライセンスに修正。
2023/08/01ライセンス変更に伴いライセンスを更新。Power Automate per userライセンスはPower Automate per user with アテンド型RPAと統合してPower Automate Premium ライセンスに変更。

その他、関連のライセンスも早見表にまとめております。

Power Automate とは?

Power Automate は、マイクロソフトのサービスだけでなく、標準で用意されている様々なサービスとのコネクターを利用してタスクや処理をつなげる設定をグラフィカルに行うことができます。

正式なPower Platform のライセンスガイドはこちらにありますのでご確認ください。

ライセンスガイドをダウンロード

ライセンスの種類と用語の説明

Power Automate のライセンス説明に入る前に用語を確認してみてください。

  • RPA:
    Robotic Process Automation。 ロボットがプロセスを自動実行してくれる概念のことです。ここでは、デスクトップフローというパソコン/サーバー上の画面操作を自動実行するフローとしてください。
  • アテンド型:
    有人とも言う。RPAを実行するパソコン/サーバーにログインしておく必要があるフローです。実行中はPC操作を行ってしまうとRPAと競合してエラーになる場合があります。
  • 非アテンド型:
    無人とも言う。RPAを実行するパソコン/サーバーはサインアウトした状態から実行するフローです。サインイン、電源オフの場合エラーまたは待機状態となります。したがって、サインアウトして電源ONで待っている状態で待機させる必要があります。セッションが残っている場合、キューが入り準備ができたら実行されるようになります。待機時間のタイムアウトの時間は3時間です。3時間経過するとエラーとなって終了します。
    デスクトップ フローを実行できるマシンが見つかりません – Microsoft サポート
  • ボット:
    自動実行する際に画面をデスクトップの処理を動かすサービスのことをボットと呼びます。

Windows 付帯デスクトップフローとPower Automate 有償版ライセンスとの主な違い

主な違いは以下のとおりです。

比較ポイント無償版有償版
ログをクラウドで集中管理できるか
クラウドフローと連携できるか
スケジュール実行できるか
AI Builder 等のAI機能を利用できるか
コネクタの制限を行うことができるか
マイクロソフトのサポート

ログや集中管理の挙動は以下のように見ることができます。以下の関連切っじをご確認ください。

Power Automate ライセンス早見表

縦だけでなく横にも長い表になっていますので、スクロールして確認してください。

プラン名Power Automate PremiumPower Automate ProcessHosted ProcessWindows 付帯デスクトップフローDynamics 365 Enterprise 付帯プランMicrosoft 365/Office 365 付帯プラン従量課金制
プランの説明ユーザーごとのプラン。マシンまたはフローにライセンスを割り当てるプラン。インフラも含めてアウトソースするプラン。Windows 10以上に付帯するデスクトップフローのプラン。Dynamics 365 Enterprise ユーザーに付帯するプラン。Microsoft 365/Office 365 ユーザーに付帯するプラン割り当てた環境のフローを実行回数で課金するプラン
基本ライセンス(単独で購入できるライセンス)
サブスクリプション(事前想定形式)での単価2,248円/月/ユーザー22,488円/月/無人RPA同時実行数¥32,233/月/ボット同時実行数クラウドフロー: 65円/月/実行回数
クラウドフロー(DPA)
アテンド型デスクトップフロー○ *2
非アテンド型デスクトップフロー
Process Mining
標準コネクタ
プレミアムコネクタ
カスタムコネクタ
オンプレミスデータゲートウェイ
Dataverse
Dataverse データベース容量250 MB50 MB250 MBDynamics 365 のライセンスの種類ごとに異なる従量課金を設定した環境ごとに1GB提供。超過分は5,000円/GB/月
Dataverse ファイル容量2 GB200 MB2 GBDynamics 365 のライセンスの種類ごとに異なる従量課金を設定した環境ごとに1GB提供。超過分は5,000円/GB/月
Process Mining 容量50 MB
AI Builder 5,000 クレジット5,000 クレジット5,000 クレジット– *3– *3
マネージド環境
関連ライセンス*5*5

*1: 環境あたり月 1 ライセンスで、ボットまたはプロセスを 1 つの環境で使用できます。同じボットまたはプロセスを異なる環境に展開する場合は、追加のライセンスが必要です。

*2: Power Automate desktop からのみ。Power Automate Desktop はビジネス クリティカルな用途を意図していない無料のアプリケーションであり、SLA やマイクロソフトのサポートは提供されません。クラウド フロー、標準/プレミアム コネクタ、オーケストレーション (デスクトップ フローのスケジュールされたトリガー/自動トリガー、無人/有人、1 つの自動化でのクラウドフローとデスクトップ フローの組み合わせ)、デスクトップ フローの共有、既定とは異なる環境での開発、Automation Lifecycle Management (ALM)、モニタリング、実行ログは含まれません。

*3: AI Builder のクレジットはついてきませんが、アドオンが可能なライセンスです。Dataverse が含まれているライセンスにはAI Builder のアドオンが可能という考え方です。

*4: ユーザーごとの各ライセンスには 50 MB のプロセス マイニングが含まれており、テナントあたり最大 100 GB まで取得できます。

*5: Office を実行する場合、Microsoft 365 無人 ライセンスが必要。Microsoft 365 E3 – Unattended Licenseが必要です。

上記表が読みにくい場合、Excel 形式でダウンロードでできるように致しました。こちらからダウンロードいただけます。

補足説明

よくある質問であったり、保管する情報をこちらに集めておきます。

無人RPAの実行にはボットに対してMicrosoft 365 無人ライセンスの追加購入が必要です。
Microsoft Product Terms 製品条項

Dataverse のキャパシティに関する説明は以下のサイトに詳細があります。
新しい Microsoft Dataverse ストレージ容量 – Power Platform | Microsoft Learn

ストレージが不足した時、従量課金制では消費した分だけ課金されますが、サブスクリプションプランでは容量を予測して1GB単位で購入することができます。
Power Apps および Power Automate の容量アドオン – Power Platform | Microsoft Learn

ライセンスの容量は以下のように確認することができます。
ライセンス使用の表示  – Power Platform | Microsoft Learn

環境にDataverseを作成する手順は以下のとおりです。
Microsoft Dataverse データベースの追加 – Power Platform | Microsoft Learn

Dynamics 365 のライセンスガイドはこちらからダウンロードできます。

ライセンスガイドをダウンロード

制限付きテーブル

Dynamics 365 に関連するなどする特定のテーブルは「制限付きテーブル」として指定されます。その制限付きテーブルに対して、Power Automate 、Power Pages やPower Apps のライセンスしか持たない非Dynamics 365 Enterprise ユーザーからのアクセスは制限されます。

MEMO
例えば、Power Automate やPower Apps ユーザーが制限付きテーブルにアクセスする場合、読み取り以外のアクセスが制限される場合があります。

読み取り以外の操作とは、作成、更新、または削除を指します。

読み取りだけの場合、Dynamics 365 アプリのライセンスは必要なく、該当する Power Apps や Power Automate のライセンスを持っていれば十分です。

制限付きテーブルの一覧はこちらです。長いのでクリックして開くことで確認できるようにしています。

テーブル 論理名 必要なライセンス
実績 msdyn_actual Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
契約ビジネス プロセス msdyn_bpf_baa0a411a239410cb8bded8b5fdd88e3 Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
予約仕訳帳 msdyn_bookingjournal Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
予約設定メタデータ msdyn_bookingsetupmetadata Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
予約タイムスタンプ msdyn_bookingtimestamp Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
ケース 1 インシデント Dynamics 365 for Customer Service Professional Edition
または Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
サポート案件から作業指示書ビジネス プロセス msdyn_bpf_989e9b1857e24af18787d5143b67523b Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
構成 msdyn_configuration Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
エンタイトルメント 権利 Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
見積行 msdyn_estimateline Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
見積もり msdyn_estimate Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
ファクト msdyn_fact Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
Field Service の設定 msdyn_fieldservicesetting Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
Field Service システム ジョブ msdyn_fieldservicesystemjob Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
目標 目標 Dynamics 365 for Sales Professional、
または Dynamics 365 for Sales, Enterprise Edition、
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
在庫仕訳帳 msdyn_inventoryjournal Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
請求書プロセス msdyn_bpf_d8f9dc7f099f44db9d641dd81fbd470d Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
体験 行動 Dynamics 365 for Marketing
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
サポート情報記事 ナレッジ記事 Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
組織単位 msdyn_organizationalunit Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
製品在庫 msdyn_productinventory Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
プロジェクト パラメーター msdyn_projectparameter Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
プロジェクト ステージ msdyn_bpf_665e73aa18c247d886bfc50499c73b82 Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
プロジェクト タスクの依存関係 msdyn_projecttaskdependency Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
プロジェクト タスク msdyn_projecttask Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
プロジェクト チーム メンバー msdyn_projecteam Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
発注書ビジネス プロセス msdyn_bpf_2c5fe86acc8b414b8322ae571000c799 Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
リソース割り当ての詳細 (廃止) msdyn_resourceassignmentdetail Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
リソース割り当て msdyn_resourceassignment Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
リソース制限 (廃止) msdyn_workorderresourcerestriction Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
ルーティング規則セット routingrule Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
スケジュール ボードの設定 msdyn_scheduleboardsetting Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
スケジュール パラメーター msdyn_schedulingparameter Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
SLA sla Dynamics 365 for Customer Service Professional Edition
または Dynamics 365 for Customer Service Enterprise Edition
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
システム ユーザーのスケジューラ設定 msdyn_systemuserschedulersetting Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
トランザクション接続 msdyn_transactionconnection Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
トランザクション発生元 msdyn_transactionorigin Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
トランザクションの種類 msdyn_transactiontype Dynamics 365 for Project Service Automation
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
一意の番号 msdyn_uniquenumber Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
作業指示書2 msdyn_workorder Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン
作業指示書の詳細の生成キュー (廃止) msdyn_workorderdetailsgenerationqueue Dynamics 365 for Field Service
または Dynamics 365 Customer Engagement プラン
または Dynamics 365 プラン

Dynamics 365 のライセンスを必要とする制限付きテーブル – Power Apps | Microsoft Learn

以上ご参考になれば幸いです。

6 COMMENTS

石田 因

2023/08/01 のライセンス変更に伴いライセンスを更新しています。Power Automate per userライセンスはPower Automate per user with アテンド型RPAと統合してPower Automate Premium ライセンスに変更されました。
こちらの情報についてMSの公式のお知らせのURLなどありますか?

ギークフジワラ

こちらの記事です。
https://cloudblogs.microsoft.com/powerplatform/2023/07/18/microsoft-launches-power-automate-process-mining-and-next-generation-ai/

特に、以下の内容が該当します。

The following updates will take effect on August 1, 2023:

Customers will be able to buy “Power Automate Premium” (the former “Power Automate Attended RPA per user”) for USD15* per user per month. This license will continue to include both unlimited cloud flows, known as digital process automation (DPA), and unlimited desktop flows, known as robotic process automation (RPA) in attended mode as well as entitlements to Power Automate Process Mining.
We are introducing a new “Power Automate Process” license that gives customers access to an automation ‘bot’ which can be used for unattended desktop automation (RPA), or to run an organization-wide cloud-flow based process that needs to be accessed by unlimited users in an organization.
Organizations can get started with Power Automate Process Mining by subscribing to the new Power Automate Premium license. We will also offer the “Power Automate Process Mining add-on” for additional capacity at a price of USD5,000* per tenant per month with entitlements of 100 GB Process Mining data storage.
The “Power Apps per user” license will be renamed to “Power Apps Premium.” There are no other changes to Power Apps.

しろ

power automate processはpremiumのアドオンではなく単体購入できるものと記憶しているのですが単体購入できないことが示されている公式ドキュメントはありますでしょうか?

ギークフジワラ

コメントいただきましてありがとうございます。以前のライセンス形態の定義が残っておりました。こちら単体で購入できるライセンスです。

ギークファン1号

いつも情報ありがとうございます!udemyなどでギークさんのコンテンツ利用させていただいています!
1点確認させてください。Power automate premium(以下 premiumと略)とPower automate premium per user(以下 per userと略) は現時点同一価格(15ドル/月)ですがpremiumはper userの機能を全て包含しており、それに有人デスクトップフローProces mining,AI Builderのサービスクレジットなど追加された完全に上位互換サービス認識していいますが、正しいでしょうか? per userを選定するメリットはあるのでしょうか?

ギークフジワラ

ありがとうございます!Premium はper user プランの後継ライセンスになります。ですので、ご理解の通りPremium 一択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Index