Udemy 新コース: 作って学ぶPower Automate !

MS Connectは終了、D365FOのVHDはどこに?

マイクロソフトってサービスを辞めたり始めたりすごいスピードで変化してますよね…。

 

概要

Dynamics 365 for Finance and Operationsのクラウド版のデモ・開発環境のデプロイ先の選択肢は主に以下の3つがあります。

  1. Azure上へのデプロイ
  2. 本番のサブスクリプションのオプションとしてデプロイ
  3. VHDとしてダウンロード・Hyper-Vで構成

今回は、3の「ローカル環境利用」のケースのお話です。入手先サイトである「Microsoft Connect」はInsider Programのアプリケーション資産の置き場的なサイトとして利用されていたのですが、廃止されたようです。

 

何が起きたの?

久々にAzure上ではなく、VHDのダウンロードを試みました。Lifecycle Services (LCS)上のリンクをたどり、Microsoft Connectのサイトにいつもならあるのですが…。

リンクが切れている、と言われてしまいます。

困ったときのGoogle先生ということで聞いてみると、こんなpostが有りました。

https://blogs.msdn.microsoft.com/axinthefield/microsoft-connect-has-been-retired-how-to-find-dynamics-downloads/

つまり、「Microsoft Connectは廃止し、今あるサイトに機能集約しました」とのことです。

TAPの時から利用しているサイトなので、MS Connectサイトが無くなるのは少しさみしいですね。

ただ、統合先のLifecycle Servicesを見てみると、D365 for RetailやTAPの時の過去バージョンがほとんどダウンロードできなくなっており、デグレしている感じ!

 

これから、検証用にローカルに各バージョンをバックアップ取っておこうかな…。

みなさまもダウンロードサイトが変更したことと、バージョン管理はお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です