Udemy 新コース: 作って学ぶPower Automate !

D365FO開発: SolutionのBuildとDB Sync

Dynamics 365 for Finance and Operations (D365FO)の開発時に環境へ影響を反映させる手順を紹介します。

 

開発の適用手順(SolutionのBuildとDB Sync)

Remote Desktopで環境に入ります。

影響を反映したいプロジェクトを開きます。まずはSolution配下にあるProjectのプロパティをBuildした際にDB Syncを行う設定にします。

Project名のところで右クリックしてPropertiesを選択します。

 

Synchronize Database on Build : True

このようにしておけば、毎度毎度操作をする必要がありません。

 

今度はSolutionを右クリックし、Build Solutionを実行します。

もしコンパイルエラーなして実行できた場合、Rebuild Solutionから実行して全体をFull compileする必要があります。

さいごに

これで完了です。必要に応じてサービスの再起動を行ってください。

LCSからD365FO各種サービスの再起動手順

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です